お肌のお悩みに

エステサロンで乾燥肌を改善

エステサロンのイメージは、痩身や美肌、アンチエイジングですが
肌の改善をするメニューも揃っています。

 

■乾燥肌

 

・口角や頬などが乾燥したりカサカサしやすい
・洗顔すると肌が突っ張る・保湿をしても肌がカサついている
・季節の変わり目は乾燥が酷い
・ファンデが粉っぽくなる、部分的に粉浮きがする

 

このような肌の人は乾燥肌と言えます。

 

■乾燥肌とは

 

紫外線の影響もありますが、年齢と共に肌の水分は失われていきます。
肌に一番必要である保湿が出来ない状態になると、肌は刺激に弱くなり、シワやたるみの原因になります。

 

エステで乾燥肌は改善できる?

毎年強くなる日差しに、黄砂や花粉。
私達の肌は毎日のように、このような外気や公害にさらされています。

 

勿論、乾燥の原因はこれだけではありません。
ストレスやダイエットによる栄養不足も肌への水分が送り込まれない事も原因の一つです。

 

肌のターンオーバが水分不足によって正常に働かない事が乾燥肌を酷くしてしまいます。
スキンケアだけでは、改善が出来ない乾燥肌を、エステサロンでは肌に直接美肌成分を送り込み、
体の内側からも改善していきます。

 

乾燥肌を改善するメニュー

エステサロンによって様々ですが、
美肌成分のヒアルロン酸やコラーゲン、ビタミンCなどを肌に直接送り込むスキンケアを行います。

 

ハーブや海藻、泥パックなどサロン特有のスキンケアを行うサロンもあるようです。

 

しっかりとトリートメントを肌にする事で、肌の深層組織に働きかけていきます。
特に季節の変わり目や、夏の日差しで日焼けしてしまった肌は、集中的なケアが必要になってきます。

 

毛穴の汚れをキレイに、保湿成分が浸透しやすいようにしてから乾燥した肌に潤いを与えていきます。

 

乾燥肌にならないようにするには

今までなんでも無かったのに急に肌が乾燥するようになった。
最近は女性の乾燥肌が増えています。

 

部分的にはオイリーな混合肌の人も、乾燥する部分だけが年々酷くなったり、
ファンでのノリが悪い…と感じていたらどんどん乾燥する部分が増えたなど。

 

スキンケアにも気を付けているはずなのにどうしてだろうと首を捻る人も多いはずです。

 

メイクが落ちやすい、オイルタイプのクレンジングは、
皮脂を余分に取り去るので、日焼けした肌への刺激が強すぎます。

 

特に30代に入ったら、クリームタイプのクレンジングで拭き取るようにしましょう。

 

メイクを落とす為のダブル洗顔も皮脂を落として乾燥する原因にも。
クリームでキレイにクレンジングすれば汚れは落ちています。

 

過剰な洗顔は乾燥肌を酷くするだけですから、
クリームタイプのクレンジングをしたらしっかりと水分を与えてください。

 

気になる人はぬるま湯で洗うだけでOK。熱すぎたり、冷たすぎる水での洗顔は
かえって水分を肌から取り去ってしまうので気をつけましょう。

 

普段のスキンケアが間違っている事が乾燥肌を作ってしまいます。
疲れた肌はプロの手で甦らせてあげましょう。悩んでいたのが嘘のように肌が美しくなりますよ。

お肌のお悩みに記事一覧

エステでエイジングケア

エイジングケアは女性の夢であり希望です。今では様々なエイジングケア用品やサプリメントなどが多くありますが、自分では出来ないスペシャルなエイジングケアをエステで受ける事が出来ます。■インディバによるエイジングケアインディバは、ラジオ波という高周波を使った器械を指しています。体の奥深くに熱を与える事で体...

≫続きを読む

 

ホワイトニング

シミは全てが美白コスメでは改善されません。紫外線によって出来たシミやニキビ跡、肝斑などは美白コスメで改善が出来ます。但し、紫外線の影響で出来たシミは加齢と共に色素が濃くなっていきますので早めのケアが必要になります。肌のターンオーバーが遅くなれば、シミの治りも悪くなりなかなかキレイに取れないのが現状で...

≫続きを読む

 

エステで脂性肌を改善

なんだか皮脂だけが多くて、ニキビが出来やすい。皮脂が多いためにメイクが崩れやすい。こんな人はご自分をオイリー肌だと思っています。全体的に肌がオイリーな人は「オイリー肌」。一般的にTゾーンは誰でもベタつくものです。ストレスや食事によって一時的にオイリーになる事も。全体的にオイリーの場合は、過剰分泌であ...

≫続きを読む

 

もしかして肩こり,首コリしてません?

最近、女性の不眠症が増えています。なかなかベットや布団に潜り込んでも眠れない、夜中に何度も目が覚めてしまう。昼間は眠いのに夜になると眠くならない。酷い人になると医師で睡眠薬を処方して貰う人も多いようです。スマホやタブレットの普及に、パソコンでの仕事。オフィスでも部屋でも下を向いている時間が長くなると...

≫続きを読む