ネイルサロン

ネイルサロン

ヨーロッパでは、ネイルバーとも呼ばれるネイル専門のエステサロンです。
ネイルアート(装飾)だけでなく、ベースネイルのケアもしてくれます。
上手く塗れない、爪の形が作れない人もサロンで相談してはどうでしょうか。

 

ネイルサロンで行う事

ネイルアートを楽しむには、ベースの爪が美しくなくてはなりません。
甘皮があるとネイルもキレイに乗りませんから、
形を整えてくれたりネイルを美しくする為のケアコースがあります。
爪だけでなくハンドマッサージ等を行ってくれるサロンもあります。

 

■ネイルアート

 

ネイルサロンでは、アート、マニキュアなどのネイルアートを施します。
カラーリングだけの場合とアートでは価格が違います。
季節のネイルやカジュアルネイルなどもありますので、ファッションに合わせてネイルが楽しめます。

 

■アクリルネイル

 

パーティや合コンなどでネイルを施したい時に爪の長さが足りないなど。
アクリルネイルをつかったスカルプチュアといった方法を使います。

 

■特殊ネイル

 

エアーブラシを使ったアートネイル。ネイルカラーの組み合わせだけでもかなりの数になっています。
ストーン、ホログラム、グリッター等色んなシーンでネイルを変えることが出来るのは魅力ですね。

 

■カルジェル

 

カルジェルは、自分の爪を痛めずにつけ爪が出来る新しいタイプのジェルネイルです。
仕事などで爪が邪魔にならないようにしたい人にお勧めです。

 

■ジェルネイル

 

ジェルネイルは、爪の上にジエルを塗り固める付け爪です。
こちらは、個人でも出来る簡単なネイルで、自分でやる人もいるようですね。

 

■スカルプチュアネイル

 

自爪に合わせてアクリルで長さを作っていくネイルです。
強度があり、ネイルチップと違って水仕事でも折れたり取れないのが特長になります。
自分の爪に合わせるので取れにくいと言えますね。

 

■ネイルチップ

 

ネイルチップはサイズや長さが決まっています。
飾りをするならネイルチップが定番で、個人でもなさる人はネイルチップを使用します。

 

■ブライダルネイル

 

普段はカラーだけの女性も、ブライダルだけは華やかにしたいものです。
式場でも専用の人がいたりもしますが、やはり普段通っているサロンが気心も知れていますので、
ドレスに合わせて決めると良いでしょう。

 

ネイルサロンはどこを選ぶ?

気軽にお洒落が出来るネイルサロンは、女性に人気ですから混んでいる事があります。
事前に決めたら、予約を早めに入れておくのが大切です。

 

雑誌やネットを検索すると、会社の近くや駅周辺で見つかる事もありますよね。

 

ネイルサロンは利用者も多いので、友人や同僚の口コミを利用するのも一つ。
サロンの雰囲気が良い、スタッフの対応力は一番大切な判断材料です。

 

 

季節によってネイルを変えたり、ペティキュアをして貰ったりと。
自分ではなかなか出来ない事までケアをしてくれるサロンは優良です。

 

ネイルは土台がきちんとなっていないと全てが台無しですから、
自分ではケアしきれない状態ならネイルサロンで相談してみましょう。

 

自宅でのケアも指導してくれますので、
ヘアサロン感覚で通えるところが良いですね。