トラブルあるあると対処方法

トラブルあるあると対処方法

美しくなる為のエステですが、残念ながらトラブルも多いのが現実です。
契約トラブルや肌トラブルなど、様々なトラブルがありますが
忘れていけないのは「人はそれぞれ体質が違う」と言うことです。

 

Aさんは肌トラブルがなくても、Bさんにはあるかも知れません。
エステでは美しくなるお手伝いをする為に、ジェルやクリームを使用します。

 

敏感肌の人は体調が悪ければ、化粧品で肌トラブルを起こす事もあります。
体調が万全でなければ、利用しないなどこちら側も自分の体調を管理するのも大切ですね。

肌トラブル

エステトラブルの中では「脱毛トラブル」が群を抜いて高く報告されています。
一番多いのは、カブレや色素沈着ですが、続いて火傷が報告されているようです。

 

エステ脱毛は殆どがフラッシュ光による脱毛になりますが、
肌に合わなかったりするとこのようなトラブルに見舞われます。

 

また化粧品が肌に合わずにカブレたり湿疹が出来る事もあるようですから、
速やかにサロンに連絡を入れましょう。

肌トラブルの解消方法

おかしいと感じたらエステに連絡をします。
優良エステならきちんとした対処をしてくれるはず。

 

処置では無理となると、皮膚科を紹介してくれます。
お客様第一主義のサロンなら手早く対処を行ってくれますから間違いありません。

 

肌がおかしくなると皮膚科に駆け込んでしまいがちですが、
サロンで施術を受けているなら、最初にサロンに連絡をします。

 

体調不良によるものか、サロンの施術が判断する為にもサロンに連絡をしましょう。
稀にアレルギーショック症状によって、目眩や動悸、呼吸困難などが起きる事もあります。

 

そのような場合は直ぐに病院で診察を受けます。
サロンに原因があるならサロンか消費者センターに相談します。

 

サロン側が知らないと突っぱねても泣き寝入りはいけません、
即座に契約を解除する事が大切です。

勧誘トラブル

契約内容が違っていた、強引に契約されてしまった。
このような場合は契約8日以内にクリーニングオフを行います。

 

基本は、契約期間が1ヶ月以上、総額5万円以上が適応です。
詳しい事は消費者センターに聞けば教えてくれますから、
無理な契約を迫られた時の為に覚えておきましょう。

 

 

機械を使用するエステの場合は、どうしてもトラブルを頭に入れておきたいものです。
トラブル回避の為に事前に体験しておく事はとても重要です。

 

親身になって顧客を一番に考えているエステを利用してください。
トラブルが起こっても誠意が見られないサロンは、要注意といっても過言ではありません。
どんな事にも「顧客あってのエステサロン」の姿勢を崩さない優良サロンを選びましょう。

関連ページ

エステのしつこい勧誘にはどう対処するのか?
エステのしつこい勧誘にはどう対処するのか?