エステのしつこい勧誘にはどう対処するのか?

エステのしつこい勧誘にはどう対処するのか?

エステを利用する時に気になるのは勧誘されたらどうしょう?
とうった問題があります。

 

勧誘されたら断れば良いのですが、
気の弱い人はなし崩しに契約を交わしてしまう事もあるようです。

 

しつこい勧誘はストレスになりますから、出来れば無い方が良いですが
、向こうも商売ですから提案はしてきます。

 

その提案を断った時に態度が変わるようなサロンは、
美しくなろうと利用はしたくないはず。

 

体験コースでしっかりと、スタッフの対応をチェックしておきましょう。
勧誘を断ったとたんに態度を変えるようなスタッフがいるサロンを利用する事はありません。

 

正式な契約でも金額などで迷うこともあります。「今日までですから」のような勧誘を行うサロンも論外です。

勧誘とはどういったものでしょう

初めての人はだいたい「お試しコース」を体験します。
内容を確認したり、施術内容を把握するにはこれが一番ベストな方法ですね。

 

サロンとしては「気に入って頂けたら是非当サロンを利用してください」とアピールします。
いわゆる売り込みですね。ここで断るも契約するのも顧客の自由ですが、
向こうも何とか契約を取りたいのであれこれと強引に話を進めてきます。

 

今では契約するまで帰れない事はなくなりますたが、まだまだ強引に勧誘するサロンもあります。
人が相手ですから、上手くやんわりと断る方法でいきましょう。

個人情報は漏らさない

体験コースのカウンセリングを受けると、
体の悩みだけでなく勤め先や交遊関係、家族やエステ利用はあるか、
友人にエステをしているかなど様々な個人情報を引き出そうとします。

 

利用する人は真剣にエステを探して体験コースをお願いしているわけですし、
必要な情報以外はいらないはずです。

 

「お金に余裕がある」と判断されると、執拗な勧誘をされますので、
「実家に家族と住んでいる」「大手企業の正社員」などは記入がなければ伏せておきましょう。

 

「フリーター」「主婦」で自由になるお金が少ないとなれば、向こうも引いてきます。

お金の話はしない

断る時に「お金がないから無理です」などと言ってしまうと、
ローンやなんやの話になだれこんでうやむやに契約書を出されます。

 

「今回は契約しません」も「じゃ、何時契約されますか?」と切り返されます。
向こうもプロですから、お客様がこう言ったらこう促して契約を取るといった接客マニュアルがありますから
「申しわけないですが、契約はしません」とシンプルに断りましょう。

 

余計な事をいうと反対に突っ込まれてイライラするだけです。
断るならスッパリと断わる、これが一番です。

 

下手に「帰って検討します」などと言ってしまうと電話が掛かってきたりしますから、
ハッキリと断わる勇気も必要なのです。

 

 

サロンは色んな方法で契約を結ぼうとします。
ですが、サロンを選ぶのは利用者なのですから
「ご検討頂いてお客様が決めてください」といったサロンのように利用者の立場になって考えるサロンを選びましょう。

 

割引で釣るようなサロンは次々と新しいコースを勧めてきます。
「選んで頂ける自信があります」ぐらいのサロンでなければ嫌な思いをするだけです。

 

勧誘はされる側にも隙があることを忘れないでください。

関連ページ

トラブルあるあると対処方法
トラブルあるあると対処方法